サイトマップ | ホーム
兵庫県神戸市兵庫区水木通1-4-29 みづほビル2F  広瀬矯正歯科
TEL.078-576-0788(予約制)

ホーム > 新着お悩み相談 >

Dr,PROFILE

TREATMENT

CLINIC INFOMATION

ONLINE COUNSELING

2018年8月21日 芦屋市 55歳 女性

はじめまして。50代女性です。
噛み合わせ(開咬)で悩んでいます。
4、5年前から徐々にずれてきて、その都度近所の歯科医のもと、奥歯を削る等して調整してきましたが、寝ている時の食い縛りもひどく、どんどん前歯の隙間が広くなるとともに、唯一噛めるはずの奥歯も歯周病となり痛みもあり、右上はぐらつきもあります。 噛める歯がなくなってきて食べることがとてもストレスで体調にも影響がでてきたように思います。
矯正(外科的矯正含む)で治せるならと考えるようになりましたが、装置をつける奥歯が脆くなっているのでどうなんでしょう?治療出来るとしたらどのような方法、期間、費用など、教えていただければ幸いです。長くなりましたがどうぞ宜しくお願い致します。

広瀬矯正歯科院長の広瀬豊です。
開咬でお悩みとのことですが、治療法として考えられるのは 通常の矯正治療か外科的矯正治療です。
どちらもほぼ同様の装置を使用して歯を動かしていくのです が、歯を動かす位置に相違があります。
前者は、歯を動かすことだけで開咬を治すのに対し、後者は 上下顎を移動する外科手術を併用することによって治します。 どちらの方法をとるかは、骨格的不正の大小で決まります。 つまり重篤な骨格的問題があれば外科的矯正治療になります。 また奥歯の状態が良くないとのことですが、どちらの方法を とるにしても歯に負担がかかるため、治療が無理な可能性は あります。
ただこの状態のままでは、奥歯のみに過大な荷重がかかり、 歯の寿命を縮めることになるため、多少のリスクを覚悟の上 で矯正治療に踏み切るのも選択肢の一つかもしれません。 現在の開咬の状態が、わかりませんので大まかになりますが、 期間については2〜3年はかかると思います。
費用については、通常の矯正治療の場合は当院HP-矯正費用 を参考に、また外科的矯正治療の場合はその3割に外科手術 の費用が加わるとお考えください。
最後になりましたが、開咬は大なり小なり舌の悪い癖が原因 にあることが多いため、舌のトレーニングが必要になる可能 性が高いことを付け加えておきます。

広瀬先生
ご丁寧なお返事をいただきありがとうございます。
治療法は通常の矯正治療か外科的矯正治療かですね。
どちらになるかは、実際の私の歯の状態や骨格を見てみないとわからないということですね。
しかしながら、先生のお返事の中にもあるように「奥歯の状態が良くないので治療が無理な可能性もある」と。
そうなるとこのままでは私の歯はどうなるのか…考えると不安です。
多少のリスクとは?どのようなリスクかはわかりませんが、あと20年位は生きるとして矯正に踏み切った方がいいのかと考え始めてはいます。
が、費用面を考えるとすぐには踏み切れず。
とりあえずまだ決めてはないけど相談のみというかたちでご予約してもいいものでしょうか。
またホームページの方を見させていただきます。
最後に、開咬は舌の悪い癖が原因と。
そうなんですね、舌が関係するとは思っていませんでした。
ありがとうございました。

広瀬矯正歯科院長の広瀬豊です。
もちろん相談のみで予約をしていただいて結構です。
現在の状態をみせていただいた上で、質問にお答えします。

CLINIC INFOMATION
広瀬矯正歯科
(自立支援医療(旧更生・育成医療)機関・顎変形症保険取扱機関・日本矯正歯科学会認定医・専門医)
〒652-0802 兵庫県神戸市兵庫区水木通1-4-29 みづほビル2F [詳細マップ]
TEL.078-576-0788(予約制) 
診療時間.10:00〜12:00 14:00〜19:00 休診日.木・日・祝祭日 


Copyright (C) 2004-2018 HIROSE ORTHODONTIC OFFICE. All rights reserved.

矯正歯科のスーパーカウンセラー歯並びTV