サイトマップ | ホーム
兵庫県神戸市兵庫区水木通1-4-29 みづほビル2F  広瀬矯正歯科
TEL.078-576-0788(予約制)

ホーム > 新着お悩み相談 >

Dr,PROFILE

TREATMENT

CLINIC INFOMATION

ONLINE COUNSELING

2018年10月14日 兵庫県たつの市 24歳 女性

開咬と出っ歯 開咬と出っ歯
開咬と出っ歯 開咬と出っ歯

私は開咬と出っ歯を治したく地元の矯正認定医に診てもらいました。
検査の結果、下顎後退が見られ、8割くらいの完成度を目指すには外科手術が必要とのことでした。
ただボーダー症例らしく、矯正のみの選択肢もあり、その時は頑張ると言って下さいました。

外科矯正で完全に治した方がいいのかと思いましたが、手術の頃には新社会人で10日前後休むのは不可能だと思います。

そこで、質問したいのは

(1)写真から言えることだけでもいいので私の歯についてコメントが欲しいです。
ボーダーラインと言えないくらい深刻でしょうか。

(2)噛み合わせを治すためにとにかく矯正だけでもすべきか、それともいつになるかは分からないが手術できる環境になるまでこのままにしておくか、どちらがよいのか。

(3)矯正のみの方法をとった場合、見た目の変化(特に側貌)は改善しないのか。例えば、口ゴボがマシになったり、奥歯の圧下で噛み合うようにした際に下顎の向きが緩和されたりしないのか。

長文とたくさんの質問になってしまって申し訳ないのですが、回答頂けると幸いです。
写真はすべて奥歯を噛み合わせた時のものです。

はじめまして、広瀬矯正歯科院長の広瀬豊です。
ご相談のメールありがとうございます。
順次質問にお答えいたします。

(1)写真から見る限りでは、骨格性の開咬と下顎の著しい後退が認められ、外科的矯正治療の対象と考えます。
 外科的矯正治療の対象だとすると、骨格的にはかなり重篤だと言えます。
(2)側貌を含め、より理想に近い状態にしたいお気持ちが強いのであれば、待つべきだと思います。
 というのは、いったん矯正治療を受け噛み合わせが治った後に、改めて外科的矯正治療を希望される場合は、保険適用にならない可能性があるからです。
 ちなみに手術は、治療開始の約2年後になります。
(3)改善は見込めますが、外科的矯正治療に比べると変化は少なくなります。
 特に下顎の後退感は残ると思います。

広瀬先生

少ない情報にも関わらず色々と相談に乗って頂き、ありがとうございます。
今の噛み合わせのままいることは将来的にも良くないと思うので、なんとかしてこの状態からは脱したいと思います。
CLINIC INFOMATION
広瀬矯正歯科
(自立支援医療(旧更生・育成医療)機関・顎変形症保険取扱機関・日本矯正歯科学会認定医・専門医)
〒652-0802 兵庫県神戸市兵庫区水木通1-4-29 みづほビル2F [詳細マップ]
TEL.078-576-0788(予約制) 
診療時間.10:00〜12:00 14:00〜19:00 休診日.木・日・祝祭日 


Copyright (C) 2004-2018 HIROSE ORTHODONTIC OFFICE. All rights reserved.

矯正歯科のスーパーカウンセラー歯並びTV