サイトマップ | ホーム
兵庫県神戸市兵庫区水木通1-4-29 みづほビル2F  広瀬矯正歯科
TEL.078-576-0788(予約制)

ホーム > 新着お悩み相談 >

Dr,PROFILE

TREATMENT

CLINIC INFOMATION

ONLINE COUNSELING

2021年5月28日 山口県 42歳女性

中学生の息子の事でご相談です。息子は矮小歯がありすきっぱだったので部分矯正をしました。矯正終了しワイヤーを外し保定用マウスピースを装着するように言われました。息子は矮小歯だったのでセラミック治療を希望したので一般治療になり医者が変わりました。その医師はセラミックが出来るまで14日ほど保定装置を外しても後戻りしないと言われてます。矯正医師と言っている事が違い不安になってます。セラミックが出来るまでの間、保定装置を外しても大丈夫でしょうか?

はじめまして、広瀬矯正歯科院長の広瀬豊です。
セラミックの歯ができるまでの間、保定装置を外しておくことによる後戻りが心配とのお悩みですね。
矯正する前のスペースの程度や咬み合わせによっても多少差があるかもしれませんが、基本的には14日もの間、保定装置を使用しないと後戻りは起こると思います。
またセラミック治療の期間中に保定装置の適合が悪いようなら、その都度矯正医に調節してもらわなければなりません。
もちろんセラミックの歯を装着した後も保定装置は必要です。

広瀬先生

お返事ありがとうございました。

先生からのメールを拝読し安堵しました。矯正するための病院選びの時に後戻りまで深く考えず、私自身、勉強不足だったと反省してます。今の医師は、強くマウスピースは不要!と言われます。2か月でも後戻りしないと…。もう一度マウスピースを作ってもらえるように話してみます。

この度はありがとうございました。

CLINIC INFOMATION
広瀬矯正歯科
(自立支援医療(旧更生・育成医療)機関・顎変形症保険取扱機関・日本矯正歯科学会認定医・臨床指導医)
〒652-0802 兵庫県神戸市兵庫区水木通1-4-29 みづほビル2F [詳細マップ]
TEL.078-576-0788(予約制) 
診療時間.10:00〜12:00 14:00〜19:00 休診日.木・日・祝祭日 


Copyright (C) 2004-2021 HIROSE ORTHODONTIC OFFICE. All rights reserved.

矯正歯科のスーパーカウンセラー歯並びTV