サイトマップ | ホーム
兵庫県神戸市兵庫区水木通1-4-29 みづほビル2F  広瀬矯正歯科
TEL.078-576-0788(予約制)

ホーム > 新着お悩み相談 >

Dr,PROFILE

TREATMENT

CLINIC INFOMATION

ONLINE COUNSELING

2012年2月28日 ニューカレドニア 26歳 女性

 私は今ニューカレドニアにいます。
 歯並びが悪く、矯正治療をしたいのですが、あと1年で日本に帰ります。
 一刻も早く矯正治療をしたいのですが、帰国後、日本で治療は可能でしょうか。
 またできれば同じ装置を付けて治療をしたいのですが、そのようなことは可能でしょうか?
 また器具のメーカー等、事前に歯医者さんに聞く必要があれば教えてください。
 お忙しい中申し訳ございませんが、何卒宜しくお願い致します。

 広瀬矯正歯科院長の広瀬豊です。
 帰国まであと1年というのは微妙な期間ですが、できれば帰国後に日本で治療を開始することをお勧め致します。
 なぜなら前医の治療によっては、引き継ぎが困難になることが考えられるからです。
 治療を引き継ぐ際に問題になるのは、装置の種類よりも、診断や治療方針の違いの方が遥かに大きいと言えます。
 前医とそれらに違いがあると、結果的に治療期間が余計にかかることにもなります。
 一番よいのは、言うまでもなく最初から最後までひとりの先生の治療を受けることです。
 もちろんこれは、海外に限らず、国内でも同様です。
 ただ海外から場合は、治療開始時の資料や治療経過の情報がない際に、それらを入手できない可能性も高くなります。
 さらに私の経験では、費用についての取り決めも曖昧なことが多く、患者さんの費用負担が増えることもマイナス面でしょう。
 装置の種類に関しては、同じものを装着されている方がよいのは確かですが、装置(ブラケットと呼ばれています。)は何十種類もあります。
 矯正医は普通1種類か、せいぜい3種類を使い分けているのが現状ですから、同じものを希望しても難しいでしょう。
 たとえ同じ装置でも装着するポジションが違えば、つけ直すことになりますから意味がなくなります。
 そちらで治療を開始する場合は、最低限、引き継ぎの際の資料や費用について確認されておかれた方がよいと思います。

CLINIC INFOMATION
広瀬矯正歯科
(自立支援医療(旧更生・育成医療)機関・顎変形症保険取扱機関・日本矯正歯科学会認定医・専門医)
〒652-0802 兵庫県神戸市兵庫区水木通1-4-29 みづほビル2F [詳細マップ]
TEL.078-576-0788(予約制) 
診療時間.10:00〜12:00 14:00〜19:00 休診日.木・日・祝祭日 


Copyright (C) 2004-2018 HIROSE ORTHODONTIC OFFICE. All rights reserved.

矯正歯科のスーパーカウンセラー歯並びTV