サイトマップ | ホーム
兵庫県神戸市兵庫区水木通1-4-29 みづほビル2F  広瀬矯正歯科
TEL.078-576-0788(予約制)

ホーム > 新着お悩み相談 >

Dr,PROFILE

TREATMENT

CLINIC INFOMATION

ONLINE COUNSELING

2012年5月29日 29歳 女性

 4年前に非抜歯で矯正をしましたが、口元が出っ張り自然に口元を閉じる事が出来ません。歯並び噛み合わせは良いです。
元々の歯並びは指しゃぶりによる開口でした。
 高校の時、矯正医に掛かった際は外科手術ということで辞めてしまいましたが、その時やれば良かったのかもしれません。
 他矯正医院に相談しに行った所、上顎の骨が出ているから抜歯で矯正したとしても口元が完全に閉じる事は難しいかも。といわれました。気が付くと口元が開いているため、意識しているせいか頬の筋肉がいたくなります。口呼吸をするせいか、幼少の頃から扁桃腺で高熱がでています。成人になった今でも年1はかかります。
 また、口を開くと顎がガクンと鳴り酷い時は痛くなるため、欠伸をするのが怖いです。(歯並びとは関係ないようですが)
 骨格ということで口腔外科に行くべきか、抜歯で矯正をしてみるべきか悩んでいます。
 また口腔外科で口元の突出を治す場合保険はきくのでしょうか?

 広瀬矯正歯科院長の広瀬豊です。
 『骨格ということで口腔外科に行くべきか、抜歯で矯正をしてみるべきか』でお悩みということですが、私は外科矯正治療に精通した矯正医に診てもらうのが一番早道と思います。
 セファロという横顔のレントゲンを分析することによって、骨格的な問題は把握できますし、抜歯した場合の口元の状態も予測できるからです。
 もちろん保険適用が可能かどうかもはっきりします。
 また相談内容にはありませんでしたが、舌の癖が開咬の原因である可能性もありますから、その点についても意見を聞かれるとよいと思います。

CLINIC INFOMATION
広瀬矯正歯科
(自立支援医療(旧更生・育成医療)機関・顎変形症保険取扱機関・日本矯正歯科学会認定医・専門医)
〒652-0802 兵庫県神戸市兵庫区水木通1-4-29 みづほビル2F [詳細マップ]
TEL.078-576-0788(予約制) 
診療時間.10:00〜12:00 14:00〜19:00 休診日.木・日・祝祭日 


Copyright (C) 2004-2018 HIROSE ORTHODONTIC OFFICE. All rights reserved.

矯正歯科のスーパーカウンセラー歯並びTV