サイトマップ | ホーム
兵庫県神戸市兵庫区水木通1-4-29 みづほビル2F  広瀬矯正歯科
TEL.078-576-0788(予約制)

ホーム > 新着お悩み相談 >

Dr,PROFILE

TREATMENT

CLINIC INFOMATION

ONLINE COUNSELING

2012年6月16日 千葉県 31歳 男性

 親知らずと歯並びについて質問があります。
 矯正前、もしくは、矯正後に、親知らずは、抜歯をしたほうがよいのでしょうか?
 私は、上の親知らずが左右とも7番の歯を押すように横向きに生えています。左上は埋伏歯、右上は、半埋伏歯の親知らずです。
 親知らずを抜歯してもらうために、国立病院の口腔外科でCTを撮って診てもらったら、根元が上顎洞に触っており、「抜歯をすると上顎洞炎になる可能性がある」と診断され親知らずを抜くことをやめました。
 抜歯をしようと口腔外科に行ったのも、矯正をしようと思ったからなので、もし私が矯正をする場合、親知らずは抜歯をしないと矯正をしたとしても、また歯並びが悪くなってきてしまうのでしょうか?
 私は、親知らずを抜けないので矯正をしようかどうか非常に迷っています。
 よろしくお願いします。

 広瀬矯正歯科院長の広瀬豊です。
 親知らずの抜歯と 後戻りの関係についてお悩みのようですね。
 基本的には親知らずの抜歯は、矯正治療が終わった保定期間中に口腔外科へ依頼します。
 すぐに抜くのではなく様子を見ながら、状況に応じて決めるようにしています。
 確かに親知らずが後戻りの原因になることはありますが、必ずしも親知らずだけが原因ではありませんので、無条件で抜くということはありません。
 明らかに前方に押すような向きに生えている場合でも、後戻りなく安定していることもあります。
 また、例外的に奥歯を後方移動する場合は移動の前に抜歯します。
 親知らずの抜歯については、矯正医によって多少考え方に違いがありますから、治療をお願いする先生に詳しい話を聞かれることをお勧め致します。

CLINIC INFOMATION
広瀬矯正歯科
(自立支援医療(旧更生・育成医療)機関・顎変形症保険取扱機関・日本矯正歯科学会認定医・専門医)
〒652-0802 兵庫県神戸市兵庫区水木通1-4-29 みづほビル2F [詳細マップ]
TEL.078-576-0788(予約制) 
診療時間.10:00〜12:00 14:00〜19:00 休診日.木・日・祝祭日 


Copyright (C) 2004-2018 HIROSE ORTHODONTIC OFFICE. All rights reserved.

矯正歯科のスーパーカウンセラー歯並びTV