サイトマップ | ホーム
兵庫県神戸市兵庫区水木通1-4-29 みづほビル2F  広瀬矯正歯科
TEL.078-576-0788(予約制)

ホーム > 新着お悩み相談 >

Dr,PROFILE

TREATMENT

CLINIC INFOMATION

ONLINE COUNSELING

2012年10月24日 徳島県三好市 18歳 男性

 私は、反対咬合のため数年前から矯正治療を開始し、今は歯が戻らないように固定する期間に入っています。
 矯正治療を行う前の相談では、「矯正治療単独では難しいかもしれない」と言われたのですが、その当時は、かみ合わせても前歯に隙間ができて喋りにくいのと、小学校高学年ぐらいから急に下顎が伸びてきて、急な容貌の変わりように気持ちがついていけず、外科手術は時間がかかると聞いたので、早く治したいという思いから、矯正治療単独でいくことに決めました。
 そして、今かみ合わせはとりあえず改善され、事実かみあわせが治ったことには、とても満足しています。
 しかし、どうしても下顎が出ていることが気になり、特に顎が長いので、横顔が気になります。気にしないでおこうとしても、気になってしまい精神的にきついです。
 なので、今更ですが、外科矯正へ変更できないかと考えているのですが、やはり、ここまできたらもう変更は無理なのでしょうか?
 また、顎変形症と認められれば保険が適用されると聞いたのですが、かみ合わせが治っていたら無理なのでしょうか?
 最後に、外科矯正以外に下顎が出ているのを改善する方法となると、整形外科に行くしかないのでしょうか?
 文章下手で申し訳ありません。
 どうぞよろしくお願いいたします。

 広瀬矯正歯科院長の広瀬豊です。
 結論から言いますと、現時点から外科矯正への変更は難しいと思います。
 それは下顎全体を移動する手術法は難しいという意味で、あごの先の部分(オトガイ)だけの手術なら可能です。
 この手術はオトガイ形成術という手術法で、あごの長さを短かくしたり、後方に移動することができます。
 もちろん限界はありますが、ある程度は希望を満たせると思います。
 どの程度希望に沿うことができるかは、口腔外科へ相談に行かれお尋ね下さい。
 その場合保険適用にはなりませんので、費用についても詳しい説明を受けられることをお勧め致します。

CLINIC INFOMATION
広瀬矯正歯科
(自立支援医療(旧更生・育成医療)機関・顎変形症保険取扱機関・日本矯正歯科学会認定医・専門医)
〒652-0802 兵庫県神戸市兵庫区水木通1-4-29 みづほビル2F [詳細マップ]
TEL.078-576-0788(予約制) 
診療時間.10:00〜12:00 14:00〜19:00 休診日.木・日・祝祭日 


Copyright (C) 2004-2018 HIROSE ORTHODONTIC OFFICE. All rights reserved.

矯正歯科のスーパーカウンセラー歯並びTV