サイトマップ | ホーム
兵庫県神戸市兵庫区水木通1-4-29 みづほビル2F  広瀬矯正歯科
TEL.078-576-0788(予約制)

ホーム > 新着お悩み相談 >

Dr,PROFILE

TREATMENT

CLINIC INFOMATION

ONLINE COUNSELING

2013年7月23日 インド在住 12歳 女性

 12歳の娘の矯正についてです。
 既に10歳の頃から矯正をはじめて今3年目です。
 当初は上の前歯の両端の歯が前歯の後ろに入り込んで(スペースがなかったため)しまうのを防ぐために、上あごの骨を広げながら前歯4本のの矯正をしていました。これはほぼ終了といったことろで、成功しています。ただ最近になって上の前歯の犬歯(永久歯)が斜めにそれも第一臼歯のやや後ろ上から生えてきて、困っています。犬歯の場所の乳歯は今は抜けていて、永久歯の犬歯が第一臼歯を後ろから押す形で、きれいには整っていないものの、どちらかと言えば右の前歯2本の横に第一臼歯、犬歯という形で逆の順に並んでしまいそうな感じです。また今かかりつけの矯正歯科医はそういう転置で進めようとしています。
 こんな治療ってあるのでしょうか?
 実は今、インド在住でインドの歯科医に診てもらっています。
 日本でこんな治療はありますか?噛み合わせに問題は出ないのでしょうか???

 広瀬矯正歯科院長の広瀬豊です。
 犬歯と第1小臼歯の並ぶ順序でお悩みとのことですが、本来であれば当然犬歯が前に、その後ろに第1小臼歯が並ぶのが正しい順序です。
 ただし、あまりにも犬歯を本来の位置まで移動するのが困難な場合は逆の順序で並べざるを得ないこともあります。
 それは犬歯の前後的、上下的位置だけでなく、スペースや歯ぐきの状態、上下の歯の咬み合わせなどを考慮した上で判断することになります。
 治療を進める前にその方針に決めた理由を、担当医に尋ねておかれた方がよいと思います。

CLINIC INFOMATION
広瀬矯正歯科
(自立支援医療(旧更生・育成医療)機関・顎変形症保険取扱機関・日本矯正歯科学会認定医・専門医)
〒652-0802 兵庫県神戸市兵庫区水木通1-4-29 みづほビル2F [詳細マップ]
TEL.078-576-0788(予約制) 
診療時間.10:00〜12:00 14:00〜19:00 休診日.木・日・祝祭日 


Copyright (C) 2004-2018 HIROSE ORTHODONTIC OFFICE. All rights reserved.

矯正歯科のスーパーカウンセラー歯並びTV