サイトマップ | ホーム
兵庫県神戸市兵庫区水木通1-4-29 みづほビル2F  広瀬矯正歯科
TEL.078-576-0788(予約制)

ホーム > 新着お悩み相談 >

Dr,PROFILE

TREATMENT

CLINIC INFOMATION

ONLINE COUNSELING

2014年12月5日 兵庫県 45歳 女性

初めまして。 中2の娘のことで相談させていただきたいのです。
現在矯正中なのですが、4本抜歯するかそのままで下6本スライスか選ぶように言われました。抜歯のメリットは、歯の中心が揃えられること、ガミースマイルが治せること、少し出っ歯なのが治り横顔が整うこと、安定すること、と説明されました。
先生は抜歯を勧められますが、娘は先天欠如で27本しかなく、奥歯が一本ありません。4本抜歯すれば23本になるので、噛むことや顎や呼吸に影響が出ないかとても心配です。
一般歯科に矯正の先生が月に何度か来られるスタイルなのですが、春に先生が代わられました。春までいらしていた先生には、抜歯は言われていませんでした。スライスも歯が弱くなりそうで抵抗があり、何を選択するべきなのか分からず困っています。
セカンドオピニオンに行きたいことを伝えましたが、行くのは自由だけれども転院するのでなければ資料は貸せないと言われました。先生は23本になることをどう思われますでしょうか?アドバイスいただけると嬉しく存じます。

広瀬矯正歯科院長の広瀬豊です。
抜歯をするかしないかは、われわれ治療する側にとっても悩むことが多く、難しい問題です。
4本抜歯か下6本のスライスかという2つの選択枝が考えられる状態が想像つかないのですが、どちらの方針をとってもよくはなるが治療のゴールに多少の違いが出るケースだと思われます。
詳細がわかりませんので、いくつかの判断基準を提示したいと思います。
まず出っ歯の程度がどの程度かです。普段自然に口が開き、閉じるのが困難なほどであれば、抜歯して口元をさげる方がよいでしょう。
歯の中心のズレとガミースマイルについては、ご本人がどの程度それを気にされているかでしょう。
これらに該当するのであれば、23本になっても抜歯をお勧めします。
しかし歯は抜いてしまうと元に戻すことはできません。
もしお二人に決断がつかないのであれば、いったん治療を中断して数年後に再開という第3の選択枝もあります。
その選択枝も含め、主治医に相談されてみてはいかがでしょうか。
またレントゲン等の資料がなくてもセカンドピニオンは可能ですから、お近くの矯正専門の歯科医院で意見を聞かれるのもよいと思います。

広瀬先生

お忙しい中、ご解答いただきましてありがとうございました。
受験までに終わらせるのなら年明けから抜歯を始めた方がいいと言われてとてもプレッシャーになっていましたが、いったん中断するという選択もできると分かり、少し気が楽になりました。先日から近所で娘の友達が通われている何軒かの矯正歯科にセカンドオピニオンを問い合わせてはいたのですが「転院前提でないと」や、学生が絶対に行けない早い時間帯のみを言われたりなど、とても嫌な思いをしていました。先ほど先生の医院に電話をいたしまして、相談させていただけると知ってホッとしております。
娘の部活がコンクール前で一杯一杯のため時間がうまく作れるか分かりませんが、もし受診できましたら、その際にはどうぞよろしくお願いいたします。                

CLINIC INFOMATION
広瀬矯正歯科
(自立支援医療(旧更生・育成医療)機関・顎変形症保険取扱機関・日本矯正歯科学会認定医・専門医)
〒652-0802 兵庫県神戸市兵庫区水木通1-4-29 みづほビル2F [詳細マップ]
TEL.078-576-0788(予約制) 
診療時間.10:00〜12:00 14:00〜19:00 休診日.木・日・祝祭日 


Copyright (C) 2004-2014 HIROSE ORTHODONTIC OFFICE. All rights reserved.

矯正歯科のスーパーカウンセラー歯並びTV