サイトマップ | ホーム
兵庫県神戸市兵庫区水木通1-4-29 みづほビル2F  広瀬矯正歯科
TEL.078-576-0788(予約制)

ホーム > 新着お悩み相談 >

Dr,PROFILE

TREATMENT

CLINIC INFOMATION

ONLINE COUNSELING

2016年8月23日 大阪 30歳 女性

7歳になる娘の生え変わりについて、ご相談させてください。

元々、下顎の右側の1.2番が癒合歯でした。
生え変わりの時期を迎え、まず下顎の左の一番が抜け、その後、癒合歯の裏から1番の永久歯が生えてきていまい、癒合歯のためなかなか抜けず抜歯をしました。(2番の歯はまだ生えてきておらず、レントゲンで永久歯は確認できていますが、まだまだ出てきそうにはなさそうでした。この癒合歯の後ろからでてきた右の1番の永久歯の歯が少し斜めに生えており(隙間が開いています)もしかしたらこの斜めに生えているのが原因で、2版の永久歯が出てきにくい可能性もないとはいえないようです。様子をみております)

最近になり、下顎の左の3番(犬歯とよぶのでしょうか‥)の歯の色が薄いグレーになり、またグラつきもあったため、本日かかりつけ医にて診察をしたところ、下顎、左側の2番の永久歯が少し斜めに生えてきてしまい、グラついている3番の下にすこしかかってしまったため、3番の乳歯が溶け始め抜けかかっているとの事でした。このままでは2番の永久歯の歯並びが上手くいかないとの事で、本日ぐらついて抜けかかっていた3番と、本来抜けなければいけなかった2番を抜歯し、1ヶ月後に再度診察ということで、帰宅しました。
上顎は全くまだ、生え変わっておりません。

現在通っているかかりつけ医とは、1ヶ月後にまた相談をするつもりではおりますが、歯の生え変わりがあまりにも、スムーズに行かない‥また、現在2本分の歯がないままで、しかも真っ直ぐには生えてきていないようなので、とても不安でいっぱいです。
早めに矯正歯科へ連れて行ったほうがいいのでしょうか…それとも現在通っている歯科医と共に様子を見るべきなのでしょうか…。
わかりにくい内容で本当に申し訳ないですが、アドバイス等いただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

ご相談のメールありがとうございます。
大まかな状態は文面から読み取ることができましたが、それぞれの歯の位置関係や傾きの程度の詳細がわかりませんので、一般的な叢生症例(でこぼこ)に対する治療法について説明致します。
この時期に永久歯の生えるスペースを見るときは、前歯だけに注目するのではなく、左の第1大臼歯から右の第1大臼歯までの12本の永久歯が収まるスペースの有無をチェックすることが大切です。
スペースがぎりぎりであれば、必要に応じてスペースを確保する装置を歯につけることもあります。これは乳歯から永久歯への生え変わりの際にスペースが失われることを防ぐためです。
さらにスペースが不足している場合は、歯列を側方に拡げるなどの処置も必要になるかもしれません。
また乳歯の安易な抜歯はスペースをなくすこともありますから、上記の状態を把握した上で処置することが大事です。
もちろん下の歯だけをみるのではなく、上の歯との咬み合わせをチェックしながら治療を進めていくことが重要なのは言うまでもありません。
ご心配でしたら早期治療を積極的に行なっている矯正専門医にみてもらうことをお勧め致します。

広瀬矯正歯科院長 広瀬豊

CLINIC INFOMATION
広瀬矯正歯科
(自立支援医療(旧更生・育成医療)機関・顎変形症保険取扱機関・日本矯正歯科学会認定医・専門医)
〒652-0802 兵庫県神戸市兵庫区水木通1-4-29 みづほビル2F [詳細マップ]
TEL.078-576-0788(予約制) 
診療時間.10:00〜12:00 14:00〜19:00 休診日.木・日・祝祭日 


Copyright (C) 2004-2016 HIROSE ORTHODONTIC OFFICE. All rights reserved.

矯正歯科のスーパーカウンセラー歯並びTV