サイトマップ | ホーム
兵庫県神戸市兵庫区水木通1-4-29 みづほビル2F  広瀬矯正歯科
TEL.078-576-0788(予約制)

ホーム > 新着お悩み相談 >

Dr,PROFILE

TREATMENT

CLINIC INFOMATION

ONLINE COUNSELING

2016年11月24日 兵庫県宍粟市 22歳 男性

小学生の時に歯並びの矯正をして、歯並びは綺麗になったのですが、成長とともに下顎と下の歯が前に出てきて、上の歯より下の歯が前に出ている状態になりました。
受け口を治したいと思い、姫路市の矯正歯科クリニックに行ったのですが、小学生の時に矯正をしたことによって、上の歯と下の歯がそれぞれ12本しかなく、外科手術をしても、噛み合わせの関係で、本来下顎を入れれるところまで入れることが出来ず、少ししか入れることが出来ないと言われました。見た目もあまり変わらず、受け口下顎前突は少ししか改善しないとも言われました。
どうしても下顎を本来入れれるところまで入れて、受け口下顎前突を治したいと思い相談させていただきました。よろしくお願いします。

ご相談のメールありがとうございます。
上下の歯がそれぞれ12本というのは、最初の矯正治療時に上下左右の小臼歯計4本を抜歯したということですね。
そのことと外科手術をしても下顎前突が少ししか改善しないということは、関係があるかもしれません。
つまり最初の矯正治療によって、現在の上の歯と下の歯のズレが小さく、下顎前突の程度が軽度になっているために、少し下顎を後方に移動するだけで正常な咬み合わせになるということです。
一般的に外科手術を併用した矯正治療では、下顎前突の程度が重篤なほど術後の変化が大きくなります。
残念ながら詳細がわかりませんので、あくまでも上記のコメントは推測です。
一度見せていただければ、もう少し踏み込んだ説明ができると思います。
同様のケースをHPに載せていますので、参考にしてください。
(当院HPー外科矯正その7

広瀬矯正歯科院長 広瀬豊

CLINIC INFOMATION
広瀬矯正歯科
(自立支援医療(旧更生・育成医療)機関・顎変形症保険取扱機関・日本矯正歯科学会認定医・専門医)
〒652-0802 兵庫県神戸市兵庫区水木通1-4-29 みづほビル2F [詳細マップ]
TEL.078-576-0788(予約制) 
診療時間.10:00〜12:00 14:00〜19:00 休診日.木・日・祝祭日 


Copyright (C) 2004-2016 HIROSE ORTHODONTIC OFFICE. All rights reserved.

矯正歯科のスーパーカウンセラー歯並びTV