サイトマップ | ホーム
兵庫県神戸市兵庫区水木通1-4-29 みづほビル2F  広瀬矯正歯科
TEL.078-576-0788(予約制)

ホーム > 新着お悩み相談 >

Dr,PROFILE

TREATMENT

CLINIC INFOMATION

ONLINE COUNSELING

2017年3月14日 神戸市灘区 27歳 女性

子供の頃非抜歯で矯正をして、今現在カッパ見たいな口元になってしまいました。親知らずを4本抜いており、左奥から2-番目の歯を抜いてしまっているため非抜歯での治療を望んでいるのですが、可能なのでしょうか。
歯が全体的に大きく、口が閉じれていないためドライマウスや舌苔もかなり気になります。
後、舌で前歯を押しているような感じになっていることも出っ歯の原因なのでしょうか
教えていただけたら幸いです。

広瀬矯正歯科院長の広瀬豊です。
まず基本的な考え方を説明させていただきます。
非抜歯での矯正治療後の口元に満足されていないということですが、口元を引っ込めるためには前歯を後退させなければなりません。
前歯の後退のためには、スペースが必要になります。
スペースを作る基本的な方法としては、小臼歯を抜く以外には以下の5つの方法があります。

1.歯列を左右に拡げる。
2.奥歯を後ろへ動かす。
3.前歯を前方へ出す。
4.歯を削る。
5.小臼歯以外の歯を抜く。(当院HPー非抜歯治療参照)

口元をさげたいという希望と左奥から2番目の歯(おそらく第1大臼歯)がないという現在の状態から推測しますと、小臼歯の抜歯と3番目以外の4方法を組み合わせた治療計画を立てることになるでしょう。
舌癖もありそうですので、その問題も含め、歯を顔のどこに位置づけるのが最も適切かが重要になります。
お近くの矯正専門医に行かれ、詳しい説明を受けられることをお勧め致します。

CLINIC INFOMATION
広瀬矯正歯科
(自立支援医療(旧更生・育成医療)機関・顎変形症保険取扱機関・日本矯正歯科学会認定医・専門医)
〒652-0802 兵庫県神戸市兵庫区水木通1-4-29 みづほビル2F [詳細マップ]
TEL.078-576-0788(予約制) 
診療時間.10:00〜12:00 14:00〜19:00 休診日.木・日・祝祭日 


Copyright (C) 2004-2016 HIROSE ORTHODONTIC OFFICE. All rights reserved.

矯正歯科のスーパーカウンセラー歯並びTV