livedoor Linspire
サイトマップ | ホーム
兵庫県神戸市兵庫区水木通1-4-29 みづほビル2F  広瀬矯正歯科
TEL.078-576-0788(予約制)
ホーム > 治療の考え方 > 非抜歯治療
Dr,PROFILE

TREATMENT

CLINIC INFOMATION

ONLINE COUNSELING

非抜歯治療
主な症例
矯正治療では健全な小臼歯を抜いてスペースを作り、歯並びをきれいにする方法がとられることがあります。では小臼歯を抜く以外の方法でスペースを確保することはできないのでしょうか。それには以下の方法が考えられます。

1. 歯列を左右に拡げる。

内側からクウォードへリックス
という装置で左右に拡げます。
ある程度拡がったら外側から
ワイヤーで並べて行きます。
きれいに並びました。

この方法はすべての方にできる訳ではありません。歯列の幅が狭い方が適用です。
年齢の低い方が大きく拡大できる傾向にあります。

2. 奥歯を後ろへ動かす。

SMCという装置で
まず第1大臼歯
今度は第2小臼歯です。
反作用を少なくするため
1本ずつ動かします。
左右の第2小臼歯まで
動きました。
 
 
右上犬歯の移動中です。
犬歯を動かし終わったら
次は前歯の移動になります。
動かし終わった歯を止める装置に代えた後引き続き
第1小臼歯を動かしています。
   

この方法もすべての方にできる訳ではありません。後方にスペースがある方が適用です。
また第2大臼歯がはえる前の方が移動が容易です。

3. 前歯を前方へ出す。

口元が引っ込んでいる方や前歯が後ろに下がっていたり、傾いている方が適用になります。
それ以外の方にはできるだけ避けたい方法です。

4. 歯を削る。

 歯の表面のエナメル質を削ってすきまを作る方法です。
 ディスキング、スレンダライジング、あるいはストリッピングと呼ばれ、すきまを作る以外にも後戻りを防ぐ手段のひとつとして矯正治療では用いられることがあります。

5. 小臼歯以外の歯を抜く。

 第2大臼歯を抜く場合は、第3大臼歯(親知らず)を代わりに使うことが前提となります。

 以上非抜歯治療について説明しましたが、単に並べるだけでよいのならほとんどの方は小臼歯の抜歯をせずに可能だと思います。
 患者さんはデコボコがなくなったらきれいになったと思われるようですが、歯というのはもともと咬むためにあります。
 しっかりと咬めるためには犬歯から後ろの歯は上と下が互い違いに、同名の上の歯が下の歯より後ろで咬むのが原則です。
 また口元が出過ぎて口が閉じれなくなったり、咬みにくい、あるいは安定しないといった問題が生じてしまっても困ります。
 ですから上に記した方法で無理な場合はやはり小臼歯を抜歯する方法をとらせて頂いています。
 わたしは患者さんの望まれる治療よりも患者さんのためになる治療を提供できるよう心がけています。
 (非抜歯治療の割合については早期治療のページ参照)

<< 治療の考え方・主な症例

CLINIC INFOMATION
広瀬矯正歯科
(自立支援医療(旧更生・育成医療)機関・顎変形症保険取扱機関・日本矯正歯科学会認定医・専門医)
〒652-0802 兵庫県神戸市兵庫区水木通1-4-29 みづほビル2F [詳細マップ]
TEL.078-576-0788(予約制) 
診療時間.10:00〜12:00 14:00〜19:00 休診日.木・日・祝祭日 


Copyright (C) 2004-2016 HIROSE ORTHODONTIC OFFICE. All rights reserved.

矯正歯科のスーパーカウンセラー歯並びTV