livedoor Linspire
サイトマップ | ホーム
兵庫県神戸市兵庫区水木通1-4-29 みづほビル2F  広瀬矯正歯科
TEL.078-576-0788(予約制)
ホーム > 治療の考え方 > 外科矯正その7 30代女性 受け口の再発が気になり、来院
Dr,PROFILE

TREATMENT

CLINIC INFOMATION

ONLINE COUNSELING

外科矯正その7 30代女性 受け口の再発が気になり、来院
 中学生の時に小臼歯4本を抜歯して矯正治療をしたそうですが、後戻りによって受け口が再発。
 顎変形症、下顎前突と診断しました。
 治療方針は、内側に倒れ込んだ下顎臼歯を起こし、下顎前歯を前方に出した後、外科手術によって下顎の後退とオトガイの短縮を行うことです。










 バイヘリックスで内側に倒れている下顎の大臼歯を起こしてから、すべての歯に装置(エッジワイズブラケット)を付けました。






 術前矯正が終わり、手術の準備をしていきます。
 エッジワイズブラケットをつけてから、1年6ヶ月後です。








 手術前には必ずレントゲン上での計画(ペーパーサージェリー)と模型上でのより具体的な計画を立てます。(モデルサージェリー)
 IVROで下顎を右側7.5mm、左側7.0mm後方移動(IVRO)、Genioplastyでオトガイを7.0mm短縮します。




 手術日と学会が重なったため手術には立ち会えませんでしたが、無事手術は終わり、10日後に来院されました。




 術後矯正もそろそろ終わり、保定の準備に入ります。







 口元も咬み合わせも非常に良くなりました。
 治療期間は、バイヘリックスを付けてから2年10ヶ月、ブラケットを付けてから2年6ヶ月です。











<< 治療の考え方・主な症例

CLINIC INFOMATION
広瀬矯正歯科
(自立支援医療(旧更生・育成医療)機関・顎変形症保険取扱機関・日本矯正歯科学会認定医・専門医)
〒652-0802 兵庫県神戸市兵庫区水木通1-4-29 みづほビル2F [詳細マップ]
TEL.078-576-0788(予約制) 
診療時間.10:00〜12:00 14:00〜19:00 休診日.木・日・祝祭日 


Copyright (C) 2004-2016 HIROSE ORTHODONTIC OFFICE. All rights reserved.

矯正歯科のスーパーカウンセラー歯並びTV