livedoor Linspire
サイトマップ | ホーム
兵庫県神戸市兵庫区水木通1-4-29 みづほビル2F  広瀬矯正歯科
TEL.078-576-0788(予約制)
ホーム > 治療の考え方 > 外科矯正その8 20代女性 受け口が気になり、来院
Dr,PROFILE

TREATMENT

CLINIC INFOMATION

ONLINE COUNSELING

外科矯正その8 20代女性 受け口が気になり、来院
 上顎の劣成長と下顎の過大、顔の非対称および上顎前歯の前方への傾斜と下顎前歯のデコボコが認められます。
 顎変形症、下顎前突と診断しました。
 治療方針は、上下左右の第1小臼歯4本を抜歯し、そのスペースを利用して前歯のデコボコをとり、さらに後方に引っ込めます。
 そして外科手術によって上顎を前方に移動し、下顎は少し後方に移動する予定です。










 小臼歯4本の抜歯も終わり、エッジワイズブラケットを付け、歯の移動を始めたところです。






 治療開始1年3か月後で、前歯を引っ込めているところです。
 まだスペースがたくさん残っています。








 治療を開始してちょうど2年です。
 抜歯してできたスペースもすべてなくなりました。
 外科手術の準備を始めます。







 手術前には必ずレントゲン上での計画(ペーパーサージェリー)と模型上でのより具体的な計画を立てます。(モデルサージェリー)
 上あごは前方へ3mm、右へ1mm,(Le Fort 1型)、下あごを右側4mm、左測3mm後方へ移動します(IVRO) 。





 退院して来院された時は、手術前に製作して渡しておいたオルソ・ファンクショナル・サージカルスプリントを付け、ゴムをかけた状態です。
 来院されたのは手術から10日経っていましたが、手術後5日で退院されたそうです。
 顔の腫れもほとんどありませんでした。





 手術後3ヶ月が経ち、下顎が安定してから4ヶ月間微調整をして、装置を外せる状態になりました。







 口元も咬み合わせも非常に良くなりました。
 治療期間は3年10か月です。











<< 治療の考え方・主な症例

CLINIC INFOMATION
広瀬矯正歯科
(自立支援医療(旧更生・育成医療)機関・顎変形症保険取扱機関・日本矯正歯科学会認定医・専門医)
〒652-0802 兵庫県神戸市兵庫区水木通1-4-29 みづほビル2F [詳細マップ]
TEL.078-576-0788(予約制) 
診療時間.10:00〜12:00 14:00〜19:00 休診日.木・日・祝祭日 


Copyright (C) 2004-2016 HIROSE ORTHODONTIC OFFICE. All rights reserved.

矯正歯科のスーパーカウンセラー歯並びTV