livedoor Linspire
サイトマップ | ホーム
兵庫県神戸市兵庫区水木通1-4-29 みづほビル2F  広瀬矯正歯科
TEL.078-576-0788(予約制)
ホーム > 治療の考え方 >外科矯正その17 30代男性 受け口を気にされて来院
Dr,PROFILE

TREATMENT

CLINIC INFOMATION

ONLINE COUNSELING

外科矯正その17 30代男性 受け口を気にされて来院

受け口と前歯のデコボコが認められます。
顎変形症、下顎前突(上顎後方位、下顎前方位)と診断しました。
治療方針は、まず狭窄した上下顎歯列弓を側方拡大します。
そして、骨に埋伏している左上の前歯の抜歯して歯を並べた後、外科手術によって上下顎の位置を改善します。


  • 術前矯正が終わり、手術の準備に入ります。


  • 手術前には必ずレントゲン上での計画(ペーパーサージェリー)と模型上でのより具体的な計画を立てます。(モデルサージェリー) 上あごを右側1.5mm、左側5mm前方へ(Lefort1型)、下あごを右側7mm、左側11mm後方移動します(IVRO) 。

  • 手術から3ヶ月が経ち、安定していたので術後矯正を開始しました。
  • しっかりと咬み合っていない歯を動かしていきます。
  • 今までより少し力の弱いゴムを引き続きかけてもらいます。
  • 5ヶ月後です。
  • きれいに歯が並び、上下の歯も咬み合っています。
  • あごの位置も安定しているので、そろそろ装置をはずす準備に入ります。
  • 左上の前歯が1本ないため咬み合わせは十分ではありませんが、咬み合わせ、顔立ちともにご本人は満足されています。
  • 治療期間は3年4ヶ月,ブラケットを付けていた期間は2年7ヶ月です。


<< 治療の考え方・主な症例

CLINIC INFOMATION
広瀬矯正歯科
(自立支援医療(旧更生・育成医療)機関・顎変形症保険取扱機関・日本矯正歯科学会認定医・専門医)
〒652-0802 兵庫県神戸市兵庫区水木通1-4-29 みづほビル2F [詳細マップ]
TEL.078-576-0788(予約制) 
診療時間.10:00〜12:00 14:00〜19:00 休診日.木・日・祝祭日 


Copyright (C) 2004-2014 HIROSE ORTHODONTIC OFFICE. All rights reserved.

矯正歯科のスーパーカウンセラー歯並びTV